オーダースーツの2大スタイル、英国の「ブリティッシュ」とイタリアの「クラシコイタリア」をご説明します。

オーダースーツの2大スタイル、英国の「ブリティッシュ」とイタリアの「クラシコイタリア」をご説明します。

スーツの発祥の地の英国「ブリティッシュ」、そのスーツ文化が南へ南下して行き、イタリアの風土で華やかにアレンジされた「クラシコイタリア」。
装いのスタイルを大きく分類した際、「ブリティッシュ(英国調)」「クラシコイタリアン(ピッティ・ウォモ)」「アメリカントラッド(アイビー)」「フランス(モード)」と、代表的なスタイリングとして現在も受け継がれております。
本日は様々なスタイルの中より、「ブリティッシュ」と「クラシコイタリア」の2大スタイルをご説明します。


紳士服の源流となる「ブリティッシュスタイル」


紳士服の源流となる「ブリティッシュスタイル」は、戦場で着る軍服をルーツにした、ベーシックで機能的なデザインで、胸と肩を大きく見せるグラマラスな男らしいシルエットです。ベーシックで堅牢で質実剛健な生地を使用するため、長年ご愛用できる男性の普遍的なスタイルです。

また、英国のスーツのデザインは全てに意味があり、機能美のスーツと呼ばれています。その昔、サーベル(劍)を腰に下げるために考えられたサイドベント。乗馬の際に着用してジャケットの裾が上手く逃げる様に考えられたセンターベント。などなど、英国のスーツにはスーツ好きをくすぐるような、沢山のストーリーが詰まっております。

生地は流行に左右されないベーシックな柄で、硬くて復元力がある耐久性の高い生地で、また周囲への礼節を常に意識するので落ち着いた色目になります。Vゾーンは浅くして必ずネクタイをタイドアップするキッチリとした印象を好むため、ジャケットのウエスト位置は必然的に高くなります。

弊店が思います「ブリティッシュスタイル」「イギリス人の国民性に通じるスーツ」で、古い物を大事にする事を美徳とし、自分が必要以上に目立つ事を恥ずかしいと思い、周囲への礼節を常に意識した国民性に通じるスーツの事です。

最近では、英国の生地を使用してスーツ仕立てる事や、機能性を求めず英国スーツのデザインだけをスーツ取り入れて、オーダーする事がブリティッシュスタイルと呼ばれております。

・スーツの本場、英国紳士たちも一目惚れ、『Luxum』のオーダージャケット
・英国紳士のD様が選んだ『Luxum』のオーダースーツ

現在の日本の最も標準的な
スーツスタイルの「クラシコイタリア」


本来「クラシコイタリア」とは、約30年前にイタリアファッションの再建のために集まった、イタリアの紳士服メーカーの組合なるものを指しますが、しっかりとしたその定義がなく「クラシコイタリア」の言葉だけが違う意味で一人歩きしている状態です。

スタイルとしての「クラシコイタリア」は、紳士服の源流となる「ブリティッシュスタイル」が、イタリアの温暖で乾燥した気候で毛芯と肩バッドが排除され、肩のラインやフロントカットやポケットなどのデティールを曲線にして、さらにVゾーンを深くするためにウエスト位置は少し低くしたセクシーに華やかにアレンジされたスタイルです。

また生地は英国とは対照的に、光沢感の高い軽くて柔らかいドレープ性の高い生地が好まれます。
イタリアと同じ比較的温暖な気候の日本では、現在の最も標準的なスーツスタイルとなるのが、この「クラシコイタリア」です。

弊店が思います「クラシコイタリア」「イタリア人の国民性に通じるスーツ」で、イタリア人らしい陽気に人生を謳歌して楽しみ、常に異性を意識して自分を主張した国民性に通じるファッション性の高いスーツの事です。

最近では、肩バッドを排除してスーツを柔らかく仕立てる事や、パンツの裾を意識的に細くテーパードさせてオーダーする事が、クラシコイタリアと呼ばれております。

 

Luxumでは全てのスタイルにお応えする
『ハイブリッド型のオーダースーツ』です

 
 

代表フィッターの大上(向かって右)が着ているのが、10年前に修行時代に仕立てたブリティッシュスタイルのスーツです。構築な上半身とゆったりとしたボリュームの下半身が特徴です。

フィッターの加藤(向かって左)が着ているのが、弊店で最近オススメさせていただいているクラシコイタリアをベースにして仕立てたスーツです。非構築的で柔らかい仕立てと低いウエスト位置の上半身と裾に向かって細くなるテイパードした下半身が特徴です。


パンツのシルエットが少し緩やかになった昨今を良い事にクローゼットの奥から引っ張り出して着用しております。

クラシコイタリアも、以前に比べてパンツウエストにタックを入れるなどして、太ももあたりのシルエットがゆったりとしております。

T様のゆったりとしたシルエットのオーダーパンツ


弊店では「ブリティッシュ(英国調)」「クラシコイタリアン(ピッティ・ウォモ)」「アメリカントラッド(アイビー)」「フランス(モード)」などの、様々なファッションのスタイルを研究しておりますので、皆様のお好みのスーツスタイルのご要望に対応させていただきます。

大上と加藤とラグマの入り口前の外観
お店の外壁には、大阪らしいデコラティブな巨大なボタンと針と糸のモニュメントに、紺色に金色の文字のフラッグが風に揺られております。お店の前にはいつも黒い自転車が止まっているのが目印です。
是非お気軽にご来店くださいませ。

・オーダースーツやスーツスタイルに抜群に合う自転車

 

 
大阪・南船場・心斎橋のオーダースーツ店、Luxum(ラグマ)

ご予約・お問合せはお電話またはメールでお承りしております。
OPEN:11:00〜19:00 (ご予約優先制)
CLOSE:2018年10月は無休となっております。
TEL:06-6282-7177

オーダープライス
☆オーダースーツ(2P) ¥75,000〜
☆オーダースリーピーススーツ(3P) ¥85,000〜
オーダースーツの料金はこちら

現在の納期 30日〜(繁忙期や生地の仕入れにより前後がございます。また、お急ぎの方はご相談ください)

 

かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ