関西ウォーカー2021年9月号掲載

関西ウォーカー2021年9月号掲載

関西ウォーカー2021年9月号の88〜89ページに弊店と代表の大上が掲載されました。
関西ウォーカー2021年9月号
関西ジャニーズ Aぇ!group(えぇグループ)のメンバーが、大阪関西万博に向けて世界の文化を学ぶ連載シリーズ【Aぇ!感じザ・ワールド】にて、メンバーの佐野晶哉くんにイタリアのファッション文化についてレクチャーしております。
ファッションの座学だけでなく、実際にイギリススタイルのスーツとイタリアスタイルのスーツを着用してしてもらいその違いを体感してもらいました。

本誌の内容は著作権の関係上このブログではご紹介できませんが、スーツの起源やイタリアとイギリスのファッションの文化違いについて文面でご紹介させていただきます。



スーツの歴史【スーツの起源は大衆から生まれた】

近大服の原型は1500年ごろのイギリスで農夫のフロックコートが起源です。
1800年の貴族達がフロックコートを着るようになり、フロントカットの着丈の変化や簡略化を繰り返しました。
スモーキングジャケットから着丈が短くなっていき、軍服や航海士の着ていた詰め襟の首周りボタンを外して着たのが現在のジャケットの原型です。
1890~1920年はコートとジャケットの混沌期で、着丈の長い紳士と着丈の短い紳士が混在しましたが、1920年以降は完全に着丈が短いジャケットに切り替わります。
1800年以降、産業革命下に一般人が貴族とが、同じ服装(コートやスーツ)を着ることで安心感や親近感生まれ、対等にビジネスを行ったと言われております。

 

イタリアでのスーツの歴史や遍歴【職人魂に温暖な気候とイタリア人の色彩感覚が融合され華を開いた】

イタリアは1700年後半~産業革命下で、フランスからの既製服の下請けや、英国貴族がバカンスの際にイタリアでスーツを注文して、独自の仕立ての文化を発展させました。
イタリア人は英国服に憧れるものの、清涼な英国の気候と温暖なイタリアの気候が異なる為、スーツの通気性を上げる為に芯や肩パッドなど排除し、イタリア人の華やかな色彩感覚と芸術文化をスーツに落とし込みました。
イタリアのスーツは職人達に受け継がれていく中、1930年に伝説のサルトリア(スーツ店の意味※イギリスではテーラーと呼ぶ)ロンドンハウス(現在のルビナッチ)が誕生します。
そのロンドンハウスで修行した職人達が、次々と独立して現在の有名ブランドを続々と作っていき、イタリアのファッションの地位を築いていきます。
ローマの休日(1953年)の映画で、イタリアのスーツスタイルがアメリカ人に愛され、映画と共に全世界にイタリアスーツが知れ渡りました。


イギリスなど他の国と比較してイタリア スーツの特徴

イギリス=スタンダード(定番)・誠実な印象・ベーシック~くすんだ色・直線的なデザイン・重厚・耐久性・肩と胸をたくましく見せる構築的なシルエット…etc

イタリア=カスタムド(変更された)・セクシーでエレガンスな印象・華やかで鮮やかな色・曲線的なデザイン・軽快・柔らかい・ドレープ・細身・遊び心のあるデザイン…etc

アメリカ=汎用性(誰でも着れる)・カジュアルな印象・ベーシック~明るい色・機能的で動きやすい・合理的・太めのシルエット…etc

 

イタリアならではの着こなし

・イギリスのデザインを形だけ取り入れて、イタリア風に着こなす。
・ネクタイをしない上品なカジュアルスタイル。
・目の覚めるような鮮やかな色使い。
・アズーロエマローネ(紺×茶)の配色を好む。
・温暖なのでスリッポンやローファーを裸足で履く。
・どこかに遊び心(隙)を作る、袖口のボタンを外す。襟のボタンダウンのボタンを片方だけ外す。ネクタイの小剣を長くしてずらして着る。

 

☆それぞれのスーツスタイルのビジュアルの違いはこちらで↓

オーダースーツの2大スタイル、英国の「ブリティッシュ」とイタリアの「クラシコイタリア」をご説明します
https://www.luxum.jp/blog/customers/tailored-suit/ordersuit-british-clasico-italia-1069/

 

装うことは素晴らしい。
どんな時代もお洒落を楽しみましょう。

【日本人男性の装いを変えた男】
大上貴司

覚悟 の瞬間 Luxum 大上貴司
やりたいことを極めた大人がカッコイイ『覚悟の瞬間』
経済界、スポーツ界、文学界など様々な分野で活躍されている人の、 「覚悟の瞬間(とき)」を切り取り、人生の岐路に立たされた方々へ向けて、 生きていく知恵や成功のカギ、人生の糧となるメッセージや考え方を発信してます。

オーダースーツLuxum(株式会社111) 大上 貴司
同じくしてWEBメディア【ザヒューマンストーリー】にも大上が掲載されております。

 


すべての人がオーダースーツでおしゃれに、かっこよく、装いのチカラを発揮してほしい!
オーダースーツ入門編〜上級おしゃれ編まで、幅広くオーダースーツとファッションについて発信していきます。

オーダースーツ ラグマのフィッター 大上が発信する「男のファッション講座」
Youtube 「インライフちゃんねる」様にて公開中です。

是非チャンネル登録&御覧ください!

 

大阪・南船場・心斎橋のオーダースーツ店、Luxum(ラグマ)

ご予約・お問合せはお電話またはメールでお承りしております。
OPEN: 13:00〜19:00 (ご予約優先制)
CLOSE: 月曜日
ご来店前はお手数ですが営業のご確認を宜しくお願い致します。
オーダースーツに関するお問い合わせ
TEL:06-6282-7177

【オーダープライス】
☆オーダースーツ(2P) ¥75,000〜
☆オーダースリーピーススーツ(3P) ¥85,000〜
オーダースーツの料金はこちら

【納期】
 1ヶ月+2週間〜(繁忙期や生地の仕入れにより前後がございます。また、お急ぎの方はご相談ください)

かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ