ブリティッシュが選んだビジネススーツ。キッチリとした印象は士業の方にオススメです。

ブリティッシュが選んだビジネススーツ。キッチリとした印象は士業の方にオススメです。

スーツの発祥の地の英国(イギリス)。装いのスタイルを大きく分類した際、「ブリティッシュ(英国調)」「イタリアン(ピッティ・ウォモ)」「アメリカントラッド(アイビー)」「フランス(モード)」と、代表的なスタイリングの一つとして現在も受け継がれております。そんなスーツ先進国の英国紳士からも、Luxum(ラグマ)はご愛顧を頂いております。


最近よく耳にする、ブリティッシュ・スタイル(英国調)とは?

 

そもそもブリティッシュスタイルとは、

「イギリス人の国民性に通じるスーツ」

古い物を大事にする事を美徳とし、自分が必要以上に目立つ事を恥ずかしいと思い、周囲への礼節を常に意識した国民性に通じるスーツの事です。

スーツを長く大事にしようものならば、必然的に生地は流行に左右されないベーシックな柄で、硬くて復元力がある耐久性のある生地が、英国では愛されてきました。

また周囲への礼節を常に意識するとなれば落ち着いた色目を好み、Vゾーンは浅くして必ずネクタイをタイドアップするキッチリとした印象を好むため、ジャケットのウエスト位置は必然的に高くなります。
関西で言うところの「シュッした印象」「カチッとした印象」のスタイルとなります。

 

また、英国のスーツのデザインは全てに意味があり、機能美のスーツと呼ばれています。
乗馬の際に着用して、前かがみでもポケットの中の物が、取りやすくなる様に工夫され産まれた、スラントポケット。
その昔、ロンドンの地下鉄は小銭を入れて乗車していて、小銭を入れる為に産まれたチェンジポケット。
などなど、英国のスーツにはスーツ好きをくすぐる沢山のストーリーが詰まっております。

グローバルな近年においては、英国の生地を使用してスーツ仕立てる事や、機能性を求めず英国スーツのデザインだけをスーツ取り入れて、オーダーする事が英国調と呼ばれております。


英国紳士のD様が、Luxum(ラグマ)に求められたものは?

 

ブリティッシュ・スタイルのスーツを作るのであれば、スーツの聖地ロンドンの「サヴィル・ロウ」のストリートにあるテーラーで、注文すれば良いと思います。

しかし、「高温多湿で派手好き」の大阪人の国民性あったスーツを求めた場合は、必ずしもブリティッシュスタイルが正解ではございません。

硬い英国の生地を、柔らかいイタリアの縫製技術で、着心地良く仕立てる。
イタリアの華やかで軽い生地を、英国の縫製技術で、カッチリとした印象に仕立てる。

オーダースーツの可能性は無限で、十人十色の想いをカタチにするには、全ての要素の特性を殺さず、生かして合わせるハイブリッドさが必要です。
我々テーラーフィッターには、オーダースーツ作りに関しての、豊富な経験・技術・知識が必要です。

私と同じくして長期間の世界中を周っていたK氏がこう言ってました。

「日本は戦後いろいろな欧米文化に侵食されたけど、やっぱりアジアだよ。全て文化の良いところを全部ごちゃ混ぜにしてまとまっている。特に大阪はごちゃごちゃしていてアジア感が強い。でもそれは、どこの国にもない特徴で素晴らしい文化だと思う。」

彼の言葉に共感して、様々なオーダースーツのスタイルを取り入れようと、思ったのも事実です。

 

長くなりましたが、つまりD様はご出身の英国のバックボーンを生かしつつ、この地大阪とご自身のライフスタイルにも合ったスーツをお求めでした。お気に召されたイタリアの生地を、英国風に、D様風にお仕立てさせて頂きました。

 

秋冬の生地も新入荷。秋冬のトレンドは?

「英国テイスト」

「英国調チェック柄」

「クラシック回帰」

世間一般的にはこうでしょうか?

上記の同じキーワードを、もう何十年と唱い続けている、少し恥ずかしいファッション業界ではありますが、賢い消費者の方はもう少し飽き飽きしているのではないでしょうか?

紳士服は大きな流行の変化がないので、毎年毎年同じ様になってしまうのが長所であり短所でもあります。

個人的には、ビッグ・シルエットがとても新鮮です。
お客様が、どこまで自分のスタイルに取り入れて、融合させるかがポイントですね。

 

あと生地は、多色使いのミックス調・杢調のヴィンテージ素材がおすすめです。

D様が選ばれた同じ生地ブランドの秋冬物も入荷して参りました。

生地はシーズンに入りますと、お客様同士での取り合いになりますので、スーツをお考えの方はお早めにご来店下さいませ。

 

 

大阪・南船場・心斎橋のオーダースーツ店、Luxum(ラグマ)

ご予約・お問合せはお電話またはメールでお承りしております。
OPEN:11:00〜19:00 (ご予約優先制)
CLOSE:2018年8月は無休となっております。
TEL:06-6282-7177

オーダープライス
☆オーダースーツ(2P) ¥75,000〜
☆オーダースリーピーススーツ(3P) ¥85,000〜
オーダースーツの料金はこちら

現在の納期 30日〜(繁忙期や生地の仕入れにより前後がございます。また、お急ぎの方はご相談ください)

かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ