紳士たちが秋冬の身支度を整えるのは今のシーズン

紳士たちが秋冬の身支度を整えるのは今のシーズン

紳士たちが秋冬の身支度を整えるのは今のシーズン

カノニコ、ビエレッシなど2018年秋冬新作スーツ生地が続々と入荷しております。
例年のように、「クラシック回帰」「英国テイスト」がトレンドを言われておりますが、今年は特にその印象が強いですね。

カノニコの新しいバンチ

こちらはビエレッシの新しいバンチ

トレンド継続のチェック柄、今年は特にチャレンジしやすい年

チェック柄人気は継続の様子で、各国から色々な柄が発表されています。
お客様とお話ししていると、意外と着用したことが無い方が多いです。
店頭でもよくお伝えしておりますが、お洒落な印象が演出できるのはチェック柄の特徴。
いつもストライプ柄ばかり、という方はぜひチャレンジしてみてください。言い換えれば、数多く発表されている今期は特にチェック柄にチャレンジしやすい年とも言えますので。

例年に無い大柄のチェックまで登場。仕立てるとかなりの迫力。

最近良く見かける2/1TWILLいったいどんな生地?

そして、ここ最近増えてきたのがこの2/1 TWILLという表記の生地。
綾織(ツイル)の中でも、2/1ツイルという生地は経糸が2本緯糸の上を通った後、緯糸の下に1本潜った生地ということ。

*2/1ツイルの組織図


綾織は左右非対称になり、それだけでも生地の表情が豊かになります。また2/2ツイルと比べると平織り(*経糸と緯糸が1本づつ交差して織られる生地、柔らかく通気性が良い)のような印象があり、少し見た目にも軽やかな印象を与えます。
昔と違い、室内での暖房環境も良くなっていることもこの生地が増えて来ている理由のようです。
あまりに肉厚であると着られないですもんね。

イタリア生地、英国生地、それぞれの特徴と味わい

本格的な英国生地も質実剛健として良い物ですが、英国調のイタリア生地は凛とした印象は保ちつつ、軽やかな印象があるので着用しやすいのでオススメです。
本当の意味でもクラシックをお求めの方にはやはりイギリス生地を。
派手さこそ無いものの、お仕立て直後よりも、着用する度にその味わいがじわじわと広がってくるような奥深い楽しみがあるのも英国生地の魅力です。


もっとも、当店ではイタリア生地×イギリス仕立て、イギリス生地×イタリア仕立てという双方の良いところを引き立てあうようなお仕立て方もご提案させていただいておりますので、ご相談ください。

良い生地ほど世界中の紳士たちの争奪戦、
どうぞ後悔のございませんように。。。

そして何より、オーダースーツ生地は一度発表されたら世界中の紳士たちから注目され、売り切れてしまえばそれっきり、再販されることはあまりありません。
ごく稀に追加生産ということもありますが、シーズン終わりになり狙っていた生地が完売し、涙を飲んだお客様も多数お見かけしておりますので、色々と選択肢の多い今こそ実は秋冬シーズンの身支度を整える機会であります。

ジャケット地も入荷。ブークレー系の素材も大人気ですね。

また、オーダースーツ工場の職人さんたちもこのシーズンより徐々に忙しくなってくるシーズンでもあります。
大型連休が絡んだりするとお仕立て上がりがご注文から1カ月半~2カ月ということもありますので、今のうちから秋冬に想像を膨らませて装いを楽しみましょう。
何より、今から秋冬の装いのイメージするなんて何とも紳士的でカッコイイではないですか。当店では日本中にそんな紳士の皆様が増えることのお手伝いをさせていただきます。

 

大阪・南船場・心斎橋のオーダースーツ店、Luxum(ラグマ)

ご予約・お問合せはお電話またはメールでお承りしております。
OPEN:11:00〜19:00 (ご予約優先制)
CLOSE:2018年8月は無休となっております。
TEL:06-6282-7177

オーダープライス
☆オーダースーツ(2P) ¥75,000〜
☆オーダースリーピーススーツ(3P) ¥85,000〜
オーダースーツの料金はこちら

現在の納期 30日〜(繁忙期や生地の仕入れにより前後がございます。また、お急ぎの方はご相談ください)

かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ