トレンドのタックパンツはお洒落上級者専用アイテム?
マガジン2019-09-13

トレンドのタックパンツはお洒落上級者専用アイテム?

スーツスタイルの新しいトレンド、タックパンツってどうなの??

ここ最近、紳士服で大きなトレンド変化があり、今までの細くピタピタなシルエットから、ゆったりとしたスタイリングも良く見かけられるようになりました。
スーツスタイルでいえば、腰回りがゆったりとしたシルエットも増え、過去10数年の細身志向もターニングポイントになったかと思います。

雑誌ではタックパンツがよく紹介されるようになりました。ここでは、そのタックパンツについてご紹介いたします。

ジャケパンスタイル

トレンドのタックパンツとは。そもそもタックってなに?

タックとは、腰のフロント部分の折ヒダのことです。生地を折り畳んで縫い込むことにより、運動量(可動域)が増え、座った際や、ヒザを曲げた際に折りたたまれていたヒダが広がり生地が突っ張らずかなり楽になります。

その分、ゆったりとしたシルエットになるため、タイトシルエットばかり着用していた方は少し違和感を感じられるはずだと思います。そのためタックパンツは今までのようにタイトに作ることは出来ず、ゆったりとしたシルエットになります。

今までのタックパンツはおじさんが履いていたイメージがあり、現在のトレンドとなっているタックパンツのデザインは今までのものと異なります。その違いをご説明していきます。

現在トレンドとなっているタックパンツのデザインの特徴

股上を深く、胴を短く見せることによって足長効果を狙う。

ゆったりとしている作りなので、足が短く見えてしまいやすいので股上を深くすることによって、胴が短く見えスタイルが良く見えます。ただし、ウェスト部分がどうしてもずり下がってきやすいので、時々上げて履く癖をつけると良いでしょう。

裾幅を細くし、全体的にすっきりとしたシルエットにしている。

ここもとても大きなポイントで、裾に向かってほどよく細くなっていくテーパードというデザインが、トレンドとなっています。逆三角形のシルエットが美しいシルエットを演出して、従来のストンと裾まで大きくなっているようなデザインでは野暮ったく見えてしまいます。

オビ幅を調整して、ワンポイントを入れてもOK。

ベルトを通すループが付いている箇所をオビと言いますが、このオビ幅を大きくして腹巻きのようにインパクトを付けるのもアリですね。ジャケットを脱いだ時もなかなか美しいデザインです。これは腹巻きのような形になり、ウェスト部分のフィット感が出るので窮屈に感じる方もいるかもしれません。

こちらは2タックパンツの種類、ボックスプリーツ仕様

かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ