期待の高校生お笑い芸人のお二人に、オーダースーツで舞台衣装をお仕立てさせていただきました。

期待の高校生お笑い芸人のお二人に、オーダースーツで舞台衣装をお仕立てさせていただきました。

大阪は吉本新喜劇などに代表されるお笑いや、芸人さんの街でもあります。
そんな芸人さんたちが、舞台衣装にオーダースーツをという選択肢からここ最近オーダーを頂くことが増えました。

以前もご紹介した、「ハイスクールマンザイ2018」で1650人の現役高校生漫才師の頂点に立った、「アグレッシブ」のお二人。
この優勝賞金でオーダースーツをお仕立ていただいたことを以前にお知らせさせていただいておりましたが、お二人の単独公演がスーツのお披露目だったので、それまで未公開とさせていただいておりました。
無事に2月23日に単独公演を終えられたそうなので、ご紹介させていただきます。

ハイスクールマンザイ2018の優勝賞金を持って採寸に来られた様子はコチラ

これからのお笑い界の新星となるアグレッシブのお二人。
左がタカギくん、右がルカくんです。
お二人は高校の同級生だそうで、高校卒業前の最後の年に悲願の優勝だったとか。

舞台衣装となると、やはり個性が反映されているものが良いですね。
お笑い戦国時代と言われる昨今で装いのチカラを利用しない手はありません。
戦略的に装いを構築することによって、お客様に大きな成果をもたらす。というのは我々のテーマです。

雑談を兼ねたヒアリングを色々させていただくことにより、よりお客様の持ち味が出せるようなお仕立てを心がけています。
もちろんお笑い好きな我々の熱量は今回特に熱くなったものです。

ファッション大好きなルカくんは鮮やかなグリーンのスーツ生地をチョイス。

タイトなフィッティングでスリーピーススーツをオーダーしてくださいました。
とてもスマートなお体型の方なので、体型に添わせ過ぎてしまうしまうと華奢な印象を強めてしまうので、程よいバランスが求められます。
パンツをタック入りにすることによって、ヒップ周りにゆとりが出てこなれた印象が出ます。イタリアでは主流になってきているタックパンツも、日本での認知度はまだまだ。一度履いてしまうとこの快適性は病みつきになります。ぜひ一度おためしください。

続いてタカギくんは、悩んで悩んでユニークなチェックの生地をお選びいただきました。

一見すると少し女性的な印象を与えてしまうような生地ですが、目鼻立ちがしっかりとしていて体格の良いタカギくんなら着こなせます。もちろん、ビジネススーツに使われるような生地ではないので、舞台衣装として抜群の効果が発揮されることと思います。

デザインはルカくんに比べるとシンプルですが、ボタンをチェックの赤を拾って(合わせて)貝釦を染色して合わせてみました。
赤いボタンを男性服では使うことはありませんが、この生地、このオーダーだからこそだと思います。

この春からは関西を離れ、東京に拠点を移し、芸人街道を駆けあがっていかれるとのことでした。
終始謙虚で華のあるお二人なので、東京でも素敵な出会いに恵まれるだろうと感じております。
テレビや舞台での大活躍もそう遠くない将来だと思われますので、当ブログをご覧の方もお二人の存在を要チェックしてみてくださいね。

大阪・南船場・心斎橋のオーダースーツ店、Luxum(ラグマ)

ご予約・お問合せはお電話またはメールでお承りしております。
OPEN:11:00〜19:00 (ご予約優先制)
CLOSE:2019年2、3月は無休となっております。
TEL:06-6282-7177

オーダープライス
☆オーダースーツ(2P) ¥75,000〜
☆オーダースリーピーススーツ(3P) ¥85,000〜
オーダースーツの料金はこちら

現在の納期 30日〜(繁忙期や生地の仕入れにより前後がございます。また、お急ぎの方はご相談ください)

かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ