寒い冬には「W.bill」社のツイードでオーダージャケットはいかがでしょうか。

寒い冬には「W.bill」社のツイードでオーダージャケットはいかがでしょうか。

大阪心斎橋南船場のオーダースーツ店「Luxum ラグマ」でございます。

暖冬という噂の合った今年の冬ですがきちんと四季は巡り、しっかりと寒い冬がやって来ました。
寒い冬には英国生まれのツイード生地のオーダージャケットはいかがでしょうか。

オーダージャケットならばデザインも変幻自在。
英国生まれの伝統的なツイード生地もこのように変わったデザインに仕立てることが出来ます。

ツイードジャケットをダブル仕様にしてフロントカットはありがちな直角ではなく、カッタウェイにしてみました。
伝統的なレザーのくるみボタン(バスケットボタン)でも良かったのですが、平らなレザーボタンに。

ここまで変わったデザインにしたのなら、とラペル(下襟)もフィッシュマウスラペルに。
よーく見ると、ラペルの端が魚の口のように、少し上向きになっています。古来からはあるデザインではありますが、聞くところによるとフランスのビスポークに多い仕立てなのだそうです。日本国内ではほとんど見かけることはありませんね。
少しアンニュイな印象になるので、色味に特徴のある生地にオススメすることがあります。個人的には少し中性的な印象があるので、あくまでご着用者様のイメージと要相談にはなりますが。

今回使用した生地は英国の「W.bill

1846年創業のカントリー服地マーチャントで、人類初のエベレスト登頂者ヒラリー卿が同ブランドの生地を使用したという逸話があります。
英国的なツイード生地に特に定評があり、シェットランドツイード、ドネガルツイード(ドニゴールツイード)、ハリスツイード、チェビオットツイードという世界4大ツイードのそれぞれのコレクションがあります。

今回のジャケットに使用された生地は、アイルランドのドニゴール地方で手紡ぎ、手織りで作られるドネガルツイードです。
今回の画像でも確認出来る「ネップ」というツブツブ状の毛玉のような物が出来る特徴があります。
専門的な説明をすると、芯となる「芯糸」に、「からみ糸」が絡んで、コブのような不規則性のあるものが「ネップ」となります。
ドットのように可愛らしいですね。

内側にはこのようにオビがあるので。

このようにかけることで、はだけ過ぎないように留めることが出来ます。これはダブルならではの仕様です。
ご存じない方も意外と多いのですが、着席の際にはジャケットのフロントボタンは外して着席します。
ジャケットは立っている状態を考えて仕立てられているので、座っているときはフロントボタンを留めるとシワが入ったり、場合によっては苦しくて留めることは出来ません。

ダブルはシングルと比べて内掛けの距離が長いので、はだけ過ぎてしまうことからこういった仕様がプラスされています。
こういった些細なことではありますが、きちんとした装いをすることで印象をアップさせてくれます。
男性服全般がそうだと思うのですが、コツコツとした丁寧な着回しが全体の印象を好印象にしてくれるので、こういった些細な(本当は重大なのですが)ことをきちんと装うことで、ご自身のブランディングや、清潔感のある好印象なイメージアップに繋げてくださいね。

大阪・南船場・心斎橋のオーダースーツ店、Luxum(ラグマ)

ご予約・お問合せはお電話またはメールでお承りしております。
OPEN:11:00〜19:00 (ご予約優先制)
CLOSE:2018年12月は無休となっております。
*年内営業日は29日までとさせていただきます。
TEL:06-6282-7177

オーダープライス
☆オーダースーツ(2P) ¥75,000〜
☆オーダースリーピーススーツ(3P) ¥85,000〜
オーダースーツの料金はこちら

現在の納期 30日〜(繁忙期や生地の仕入れにより前後がございます。また、お急ぎの方はご相談ください)

かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ