世界から称賛される岡山デニム。その人気の秘密。

世界から称賛される岡山デニム。その人気の秘密。

大阪心斎橋南船場のオーダースーツ店「Luxum ラグマ」でございます。

今回は海外の生地生産者が口を揃えて称賛するのが日本の国産デニムの品質の高さについてご紹介いたします。

日本国内のデニム産地は岡山県倉敷市児島地域。国内外の有名ブランドがこぞって児島でデニムを生産し、高級ジーンズを作成しています。
大小さまざまな縫製工場も多く、明治以降に学生服を生産し始め現在では日本国内の約70%が児島シェアだそうです。デニムなどを染色する工場まであります。

そこで今回ご紹介するのは、岡山産デニム生地です。
こちらの生地を使って当店がお仕立てできるアイテムとしては、オーダースーツ、オーダージャケット、オーダーパンツなどがあります。
また当店のスタッフ作成のグルカパンツなどにもデニムは好相性です。

スタッフのフルオーダー。グルカパンツの記事はコチラ。

岡山デニムを語る上で欠かせない2つの特徴はコチラ。

ロープ染色

コットンの糸をロープ状に束ねたものをインディゴ染料に何度もくぐらせて染めるため、糸の中心は染まらずに白いままで染め上げていきます。
その染まった糸を生地の経糸、緯糸に使用して出来上がった生地を長時間使いこんでいくと、染まっていない白い部分が表に出てきて、いわゆるアタリとして経年変化を楽しむデニムの醍醐味となっています。

シャトル織機

そのように作成した糸を、旧式のシャトル織機という機械で織り上げた生地は、生地端にミミの付いたセルビッチデニムとして根強い人気のブランドデニムの代名詞となっています。

現在では通常の生地を織りあげるのは、高速で効率良く織る機械が使われるようになりましたが、デニムに関してはアメリカを代表するデニムブランド、「リーバイス」を始めとしたビンテージが人気となり、そこから古いシャトル織機で織り上げたデニム素材はビンテージと比べても遜色のない独特の風合いとなっています。
これが児島ブランドとして世界的に認知され、国内外から注文が殺到している理由となっています

残念ながら古いシャトル織機の数が激減しており、世界的に見ても今では日本にあるのみで数えるほどとなっています。
今後その存在はますます貴重なものとなっていき、シャトル織機は低速の機械であるため、1日フル稼働でよくやく1反(50m)ほどしか生産ができません。およそ1時間あたり約5mほどしか織り上げられないため、まさに究極のデニムと呼べるでしょう。

今後ますます人気が過熱してくであろう、岡山デニム。

世界一のデニムと称賛する人は少なくありません。
アメリカの炭鉱夫のために産まれたデニムが、日本の熱狂的なデニムコレクターたちが評価したことによって始まったビンテージデニムブーム。
時代が移り変わって現在では世界を牽引するデニムファクトリーが日本であるなんてなかなか夢のある話ですよね。

大阪・南船場・心斎橋のオーダースーツ店、Luxum(ラグマ)

ご予約・お問合せはお電話またはメールでお承りしております。
OPEN:11:00〜19:00 (ご予約優先制)
CLOSE:2018年11月は無休となっております。
TEL:06-6282-7177

オーダープライス
☆オーダースーツ(2P) ¥75,000〜
☆オーダースリーピーススーツ(3P) ¥85,000〜
オーダースーツの料金はこちら

現在の納期 30日〜(繁忙期や生地の仕入れにより前後がございます。また、お急ぎの方はご相談ください)

かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ