成人式オーダースーツ ~2023~ @大阪府寝屋川市

成人式オーダースーツ ~2023~ @大阪府寝屋川市

ご成人された皆さま、誠におめでとうございます。
誠に有難いことに今年も沢山の新成人の皆様からオーダーを頂きました。
今回は特に個性的なデザインが多かったように感じております。

新人フィッター兼、2年前の成人式OBである私森本が感じた2023年成人式の特徴を、完全主観でゆるく書いていこうと思います。是非ご覧ください。

2023スタイルは・・・

今年もやはり当店ラグマでは派手な色柄を好むお客様が多かったですね。
社長も私も派手好きだからこそお客様にも喜んでいただけるスーツが仕上がったと思っております。
作り手の我々も楽しいオーダーを沢山ありがとうございます!
とは言えど、派手な色柄をご希望されるお客様が多いのは毎年の事であります。
今回書かせていただくのは題名の通り【2023スタイル】でございます。では早速参りましょう!

前年度と変わったのは大きく二つです。
「華やかなシャツを取り入れたコーディネート」と、「ジャケット、パンツのサイジング」。。。

前年度はスーツの表地と裏地の両方ともを派手にするコーディネートはありましたが、シャツは派手な生地ではありませんでした。しかし、今年は派手なオーダーシャツをご注文される方がちらほら見受けられました。派手な色柄の表地に、派手なオーダーシャツ、ネクタイは無難に合わせるのかなと思いきや、柄物のネクタイを締めさらに新たなアクセントを加える。本当にプロ顔負けのスタイリングで、難易度の高いコーディネートをとても楽しんでいるように感じました。ファッション業界で生きる私どもとしては、私ども以上にお洒落になって頂けると、本当に嬉しい限りでございます。
オーダー時に、基本的に派手なコーディネート提案をさせていただいておりますが、その提案を喜んで頂けるほど幸せなことはございません。今年のコーディネイトの華やかさの秘密はオーダーシャツにあり!といったところです。

さて次はジャケット、パンツのサイジングでございます。
基本的にオーダースーツはジャストフィットのサイズ感が好まれています。
しかし、今回はルーズフィットとも呼べない程、シルエットを大きく崩したスタイルが大変多かったです。打合いはダブルの方が多かったかなという印象です。私も生粋のダブル好きなので、ナイス!って感じです!
やはり皆様も英国紳士に憧れがあるのでしょうか。1970年代のクラシカルな装いは魅力的ですよね~!よし、それでは本題の個性的なサイジングについて触れて参りましょう。
今回特に個性が爆発していたなと感じた寝屋川4人組、A.T君、またまたA.T君、そしてG.Y君とY.M君。
そうです私森本の後輩達でございます!

A.T君。肩幅はジャストサイズ。チェスト、ウエストはゆとりを多めに取りあまりシェイプを利かせない。着丈を短めにするというピーコートのイメージに近いシルエット。
パンツは一見フレアに感じるが実はワタリから裾まですべて太めに作るストレート型。股下を長めに取り、あえてクッションを作る。細身のローファーからボリューミーなブーツまで幅広く相性の良いシルエットです。

G.Y君。広めに設定された肩幅から、チェスト、ウエストと順に絞っていき、シェイプを効かせる。
こうすることで、華奢な体系でも男らしくカッコいい雰囲気を作り出せる。
パンツもテーパードは効かせているが、ワタリ、ヒザ、スソと全て少し多めにゆとりを取っている。
股下を長めにすることで、ベルベットの生地感との相性もよく、まとまりが生まれる。

4人の中でも特に印象的な2人をご紹介しましたが、4人とも個性があり良い色が出せていると感じます。同じ中学校の仲良しメンバーで、色違いのベルベットスーツをオーダーするとは、かなりパンチが効いていますよね。こんな4人が会場にいたら、他の人は何を着たって目立てません。同学年じゃなくて本当に良かったとつくづく思います。

地域別の成人式スーツの特徴

寝屋川情報だけフライング気味に説明してしまいましたが、やはり【2023スタイル】とは言え地域ごとに特徴があるように感じました。それを少し綴りたいと思います。
既に少し話してしまっているので寝屋川からいきましょう。寝屋川は何と言っても派手な色のスーツが多いです。柄や生地感よりも色!色で目立ちに行く人がほとんどですね。今年のベルベット4人組はレアケースです。レアケースというか欲張り屋さんです。去年の成人式を書いたブログを読んでくれていたんですかね、100%で一番目立つ「派手色」×「毛足の長い生地」を選んでいました。
まあでもそれだけ癖のあるスーツを着こなせるのも彼らの素敵な個性です。

次に印象深く残っているのは、やはり岸和田、和泉、高石辺りのコーデュロイ&ベルベット生地です。

南大阪の方々は、「毛足の長い生地で少しルーズに着こなしたい」というお客様が例年では多いです。
選ばれるのは基本的に黒か茶色。色物と言ってもビビッドではなく、少しくすんだカラー(真緑ではなくカーキの様なくすんだカラー)。

ここまででも既に格好の良いスタイルですが、私が皆さんにオススメしたいのはツイードと言う素材です。
皆様はツイードをご存じでしたでしょうか?私はここで働くようになって初めて知った素材でございます。
ツイードとは英国産の羊毛を使い、起毛や縮絨といった生地の仕上げ処理を行わない古典的な製法で作られた毛織物というのが、ツイードというマテリアルの基本だそうです。
いわばトラッドファッションの上級者が愛する生地です。
泉南、阪南辺りの成人式にそのツイード生地で初めてのスーツをオーダーする猛者が現れました。
ツイード好きの社長もこのオーダーにとても嬉しそうな様子でした。
ツイードで少し違った印象を与えている方々は、私も凄く魅力的に感じました。

ここまでが地域ごとに分けた特徴になります。めちゃめちゃざっくりで申し訳ございませんでした。
まだまだ今年度の成人式が終わったばかりですが、もう来年度が待ち遠しく思います。
次はどんなスタイルが多いのか、どのような生地が人気なのか、もはや振袖よりも袴よりも目立つ衣服になってしまっているスーツの【2024スタイル】は期待大でございます。

成人式にはスーツを作るべし

結論、目立ちたけりゃオーダースーツを着るべし。
モテたけりゃオーダースーツを着るべし。
満足したけりゃオーダースーツを着るべし。という感じです。

これは決してラグマでスーツをオーダーして欲しいと言っているわけではございません。
オーダースーツ以上にカッコいい服は無いと思ったからでございます。

皆様どうでしたか?
成人式でオーダースーツを着た時、ジャケットに袖を通した時、少し背筋が伸びた感覚はありませんでしたか?
私の伝えたい部分はそこでございます。
オーダースーツを拵える際には普段お洒落をする時とは少し違った高揚感、緊張感があるのです。
立ち方や歩き方にも気を遣い、それでもってどこかカッコをつけてしまう。
スーツのプロの道に進んだ私でも、未だにその感覚をビリビリと感じております。
この興奮は「オーダースーツに慣れていないから」というだけのものでしょうか?


着用するだけで姿勢や所作までも変えてしまうオーダースーツ。
私はこの自信が湧き出てくるオーダースーツのことを【自己肯定感爆上がり系衣服】と呼んでいます。

成人式用にオーダースーツを考えている方、この高揚感と緊張感を味わってみたい方、是非一度ご来店くださいませ。
心躍るスーツ作りを一同楽しみにお待ちしております。

二十歳をきっかけに、気合いの入ったオーダースーツで紳士への第一歩を踏み出しましょう!


スーパールーキー
森本 蒼

オーダースーツLuxum(株式会社111) 大上 貴司
WEBメディア【ザヒューマンストーリー】にも大上が掲載されております。
経済界、スポーツ界、文学界など様々な分野で活躍されている人から、人生の岐路に立たされた方々へ向けて、 生きていく知恵や成功のカギ、人生の糧となるメッセージや考え方を発信してます。


すべての人がオーダースーツでおしゃれに、かっこよく、装いのチカラを発揮してほしい!
オーダースーツ入門編〜上級おしゃれ編まで、幅広くオーダースーツとファッションについて発信していきます。

オーダースーツ ラグマのフィッター 大上が発信する「男のファッション講座」
Youtube 「インライフちゃんねる」様にて公開中です。
是非チャンネル登録&御覧ください!

大阪・南船場・心斎橋のオーダースーツ店、Luxum(ラグマ)

ご予約・お問合せはお電話またはメールでお承りしております。
OPEN: 13:00〜19:00 (ご予約優先制)
CLOSE: 月曜日
ご来店前はお手数ですが営業のご確認を宜しくお願い致します。
オーダースーツに関するお問い合わせ
TEL:090-8668-4301

【オーダープライス】
☆オーダースーツ(2P) ¥99,000〜
☆オーダースリーピーススーツ(3P)¥110,000〜
オーダースーツの料金はこちら

【納期】
 1ヶ月+2週間〜(繁忙期や生地の仕入れにより前後がございます。また、お急ぎの方はご相談ください)

LINEビジネスアカウントをはじめました!
Luxumからの最新情報を配信中です。

ご来店予約、お問い合わせなどお気軽にメッセージください。

友だち追加


かっこいい日々の相棒
美しいデザインと
最高のフィット感を
オーダースーツで手に入れる。

既製服では得られない着心地の満足感と、
あなた自身の
「かっこよさ」を引き出すデザイン技術。
ラグマのオーダースーツは
装いのチカラを発揮する人生のミカタです。

オーダースーツに関するご相談は
こちらのページから

オーダースーツに関するお問い合わせ